空港ラウンジに最安で入れるクレジットカードはコレ!

空港ラウンジに入れる最安のクレジットカードはコレ!

 

このブログは旅行とクレジットカード収集が趣味な私がおすすめの、空港ラウンジに最安で入れるおすすめのクレジットカードをランキング形式でまとめているブログです。

 

そもそも空港ラウンジは、

 

@ 航空会社が運営するラウンジ
A 空港会社が運営するラウンジ

 

この2つがあります。ゴールドカードで入れるラウンジは、Aの空港会社が運営するラウンジになります。

 

これから、空港ラウンジに入れるおすすめのクレジットカードをランキング形式でまとめていきます。

 

まずは、国内や海外出張時などで、手厚くサポートしてくれるサービスが付帯しているクレジットカードを上位にしてみました。

 

MUFGカードゴールドの特徴

● 2年目以降の年会費が一番安い

● 最短翌営業日発行

● 飛行機の遅延補償が付いている

● 国内主要6空港とホノルル空港ラウンジ無料

● 国内・海外旅行傷害保険最高2000万円まで

価格 0円
評価 評価5
備考 初年度年会費無料

三井住友ゴールドカードの特徴

● 信頼と安心の三井住友VISAカード

● 全国28の空港ラウンジが無料

● 国内・海外旅行傷害保険最高5000万円

● WEB明細、マイペイすリボ登録で年会費割引

● とにかく年会費を安く抑えたい方にオススメ

価格 0円
評価 評価5
備考 初年度年会費無料

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

● 初年度年会費無料

● 国内空港ラウンジとホノルル空港ラウンジ無料

● コートお預かりサービス割引

● 海外Wi-Fi、ケータイレンタル割引

● 帰国時手荷物無料宅配

● 最高5000万円の国内・海外旅行傷害保険付き

価格 0円
評価 評価4
備考 初年度年会費無料

楽天ゴールドカードの特徴

● 最近発行された楽天の新ゴールドカード

● 国内主要空港と海外2空港ラウンジが無料

● ポイントをANAのマイルに交換が可能

● ポイント還元率が高い

● 海外旅行保険が付いている

価格 2.160円
評価 評価4.5
備考 価格は年会費です。

JALアメリカン・エキスプレス・カードの特徴

●空港ラウンジに同伴者1名まで無料

●全国28の空港ラウンジが無料

●入会ボーナスマイルが大量

●抜群のカードフェイス

●他のJALカードよりもマイルが貯まる

価格 6,480円
評価 評価4
備考 価格は税込みの年会費です。

MUFGゴールドカードはなぜおすすめなのか

このブログでは、MUFGゴールドカードを空港ラウンジに入れるクレジットカードランキング第1位にしています。 MUFGゴールドカードは何といっても、

 

 ゴールドカードなのに年会費が安い

 

です。MUFGゴールドカードの年会費は初年度無料で、2年目以降は税込み、

 

 2057円

 

になっています。

 

何でこんなに安いのかはわかりませんが、普通ゴールドカードの年会費って1万円以上するんですが、2千円ちょっとでゴールドカードが持てて国内はもちろんのこと、海外の空港ラウンジにも入れるのでいたれりつくせりです。

 

年会費が安いからサービスがしょぼいのかと思いきや、そんなことは全然ないですね。

 

しかもMUFGゴールドカードは、国内線で飛行機を乗り継ぐ時に、出発便が遅れて乗り継ぎ便が先に行ってしまった場合などの遅延補償が付いているので、万が一の時でも補償してくれます。

 

MUFGゴールドカードをおすすめする理由はまだあって、

 

 最短翌営業日発行

 

があります。

 

急な出張が入り、すぐに空港ラウンジを利用できるカードが欲しい方には、このサービスはありがたいです。

 

このようにMUFGゴールドカードは他にも、誕生月にはポイントが2倍になったりと、たくさんのサービスが付帯されているし年会費が安いので、空港ラウンジにおすすめのクレジットカードだと言えます。

 

【年会費が安い!】MUFGカードゴールドはこちら

三井住友ゴールドカードはなぜおすすめなのか

このブログでは、空港ラウンジに入れるレジットカードで、三井住友ゴールドカードをおすすめしています。

 

では、三井住友ゴールドカードのおすすめポイントをまとめていきます。

 

 三井住友ゴールドカードのメリット

 

  1. 初年度年会費無料
  2. 翌年以降の年会費は減額が可能
  3. 国内の空港ラウンジに入れる
  4. 信頼と安心のVISAカード
  5. 20代限定のゴールドカードがある

 

この5点。

 

三井住友ゴールドカードは初年度が年会費無料で、翌年以降は使用状況やマイペイすリボなどの加入で、最大4000円ブラス消費税まで減額されます。

 

2年目以降も年会費約4000円で持てるゴールドカードって、なかなかないです。 少しでも年会費を抑えたい方にはおすすめのゴールドカードです。

 

三井住友カードといえば、信頼と安心のブランド。 お店で会計の時に出した時に、詳しい店員さんがいれば褒められたりします。

 

三井住友ゴールドカードの最大のメリットとして、20代限定の三井住友プライムゴールドカードがあるということ。 プライムゴールドカードの年会費は初年度が無料で、2年目以降は1500円プラス消費税という格安の年会費になっています。

 

20代で国内の空港ラウンジに入れるクレジットカードでは、破格の年会費の安さなので、このブログでおすすめしているというワケです。

 

 

 三井住友ゴールドカードのデメリット

 

三井住友ゴールドカードのデメリットは、

 

 審査が厳しい

 

ということ。

 

そりゃそうですよね。信頼と安心のVISAゴールドカードなので、ちゃんとした人でないと持てないようになっています。

 

ウワサによるとダイナースカードに次ぐ審査の厳しさということなんですが、厳しい審査を通過するためには、

 

クレヒスを積んでいる
安定した収入がある

 

この2点がしっかりしていれば、普通に審査に通ると思います。

 

フリーターやクレジットカードの支払いが遅れていたり、収入が少なかったり、カードローンをしていたりすると審査に通らないと思いますが、普通に会社に勤めていれば審査に通るとは思います。

 

あとこれは審査に影響するのかわかりませんが、三井住友銀行に預金があるかどうか。 定期預金やそこその金額をこ三井住友銀行に貯金をしている場合、これも収入の一部とみなされるので、審査に通りやすかったりするみたいです。

 

どうしても三井住友ゴールドカードが欲しい場合は、三井住友銀行に預金してみてはいかがでしょうか。

 

このように、三井住友ゴールドカードは年会費の減額や20代限定のプライムゴールドカードがあり、国内の空港ラウンジのみ入れますので、おすすめしているというワケなんです。

 

 

【初年度年会費無料!】三井住友VISAゴールドカードはこちら

セゾンゴールドアメックスはなぜおすすめなのか

このブログでは、出張の時に空港ラウンジを利用する時におすすめのクレジットカードで、セゾンゴールド・アメックスカードを第1位にしています。

 

初年度から年会費無料だけではなく、セゾンゴールドアメックスは、出張の時に役立つサービスがたくさん付帯しています。

 

  • 国内空港ラウンジ、ホノルル国際空港ラウンジ無料
  • 海外wi-Fi、ケータイレンタル割引
  • 出発時にコートを預かってくれる
  • 国内・海外旅行、最高5000万円の傷害保険付き
  • 海外アシスタンスデスクサービス
  • ショッピング保険付き
  • 帰国時、手荷物無料宅配サービス

 

などなど、手厚いサービスが付帯しています。

 

国内の空港ラウンジに無料で入れるのはもちろんのこと、出張の時にコートを空港で預かってくれるサービスがおすすめです。

 

海外出張の時、暑い国に行く時にどうしてもコートが邪魔なんですよね。 空港で預かってもらえると、荷物が少なくてかなり助かります。

 

あと、海外Wi-Fiをレンタルしてくれるのもいいサービスです。 まぁ現地でSIMなどを調達してもいいんですけどね。

 

海外で困ったことが起きた時に助けてくれる、アシスタンスデスクは万が一の時に便利です。 日本とは違い、いろんなことが起こるのが海外事情。 何かあった時に助けてくれます。

 

帰国時にお土産を買ってきた時に便利なのが、手荷物無料宅配サービス。 スーツケース1個だけ無料になりますが、それでもありがたいです。

 

最後に保険ですが、セゾンゴールド・アメックスカードにはたくさんの保険が付いています。

 

傷害保険は最高5000万円まで付帯していて、海外で買ったもののショッピング保険、ネットで購入したものの保険も付いています。 これも万が一の時のためのものなんですが、海外ではテロなどに巻き込まれる可能性がこのご時世、ゼロとは限らないので、家族が路頭に迷わないようにしてくれるのはありがたいです。

 

このように、セゾンゴールド・アメックスカードは、出張の時にあったら便利なサービスが一番多いと私は思ったので第1にしています。

 

このブログから申し込んでもらえれば、年会費が初年度から無料になりますのでおすすめです。

 

 

【初年度年会費無料!】セゾンゴールド・アメリカンエキスプレスカードはこちら

楽天ゴールドカードは何がいいのか

楽天ゴールドカードは、2017年に新規発行されたカードです。

 

楽天カードには、ゴールド扱いの楽天プレミアムカードがあります。なぜまた、ふつうカードとプレミアムカードの間にゴールドカードを作ったのかという理由ですが、おそらく、楽天プレミアムカードの年会費がネックになって、申し込む方が少ないのではないかと思います。

 

楽天プレミアムカードの年会費は、税込み10800円になっているので、このブログでもおすすめしている、MUFGゴールドカードに比べると高いですよね。そこで、MUFGゴールドカードに負けじと、同じ様な価格帯のゴールドカードを発行してきたという経緯かと思います。

 

楽天ゴールドカードは年会費が税込み、

 

2160円

 

と安くなっています。楽天ゴールドカードの特徴は、

 

  • 普通カードよりも入会ポイントが多い
  • 楽天市場で買い物をするとポイント5倍
  • 国内主要空港と海外2空港ラウンジが無料
  • 海外旅行傷害保険付き
  • 電子マネーチャージでポイントがもらえる

 

など、楽天をよく利用する人や、出張や旅行が多い方にオトクなゴールドカードです。

 

楽天カード全般の特徴として審査が早く、自宅に届くのも早いので、すぐにクレジットカードが欲しい方にもおすすめのゴールドカードです。もちろんETCカードや家族カードも作れますので、家族で出かける時にも役立ちます。

 

空港ラウンジは、国内線のだいたいの空港と、海外はホノルルの空港と仁川空港に入れますので、無料でお茶できるので助かると思います。

 

楽天をよく利用するという方は作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

【年会費が安い!】楽天ゴールドカードはこちら

アメリカンエキスプレスカードの空港ラウンジはどこなのか

このページでは、アメリカンエキスプレスカード(アメックスカード)の空港ラウンジはどこにあるのかについて書いていきます。

 

このブログのTOPページにも書きましたが、空港ラウンジには、

 

  • 航空会社が運営する空港ラウンジ
  • 空港が運営する空港ラウンジ

 

この2つのラウンジがあります。

 

航空会社が運営する空港ラウンジは、JALがさくらラウンジ、ANAはスイートラウンジなどがあります。 航空会社が運営するさくらラウンジなどは、ファーストクラスに搭乗する時や、JALグローバルクラブ(JGC)会員が入れるようになっています。

 

アメックスカードをお持ちの方は、アメックス専用の空港ラウンジがあるわけではなく、空港が運営する空港ラウンジに入ることになりす。

 

当日に搭乗予定の搭乗券や、手荷物検査を受ける時に発行される案内券と、対象のクレジットカードを空港ラウンジの入り口で見せると入れます。

 

対象のクレジットカードは空港ラウンジの入り口に書かれていますので、まず自分が持っているクレジットカードが対象になっているのかを確認し、空港会社が運営する空港ラウンジに入ってみて下さい。

 

また、アメックスカードをお持ちの方のメリットとして、

 

 同伴者1名まで無料

 

で入れますので、友人や同僚の方で対象のクレジットカードを持っていない方とも、ラウンジでゆっくりくつろぐことができます。

 

このようにアメックスカードをお持ちの方が入れる空港ラウンジは、専用の空港ラウンジがあるわけではなく、空港会社が運営する空港ラウンジに入ることになります。

 

年会費が他のゴールドカードより安く、空港ラウンジに同伴者1名まで入れる、JALカードアメックスがおすすめです。 まだJALカードや空港ラウンジに入れるクレジットカードをお持ちではない方は、検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

【年会費がゴールドカードより安い!】JALカードアメックスはこちら

 

空港ラウンジにゴールドカードなしで入る方法

空港ラウンジに、ゴールドカードなしで入る方法があります。

 

そもそも空港ラウンジというのは、

 

  • 空港が運営するラウンジ
  • 航空会社が運営するラウンジ

 

の2種類があります。

 

まずは空港が運営するラウンジに、クレジットカードなしで入る方法ですが、

 

アメックスのクレジットカードの同伴者として入る

 

という方法があります。

 

アメックスのクレジットカードは、同伴者1名も無料で入れるという特典があります。 このブログでおすすめしている、セゾンゴールドアメックスやANAアメックスも、同伴者1名まで無料で入れます。

 

アメックスのカードを持っている友人や同僚と一緒に空港ラウンジに入れるので、1人でヒマすることがないので、アメックスのクレジットカードはおすすめです。

 

 

次に航空会社が運営するラウンジに入るには、実はクレジットカードが要らない場合があります。JALやANAが運営するラウンジは、主に上級会員のためのラウンジになっていて、クレジットカードを持っていない人でも入ることができます。

 

その方法は、同伴者1名まで無料の上級会員のランク持ちの人と一緒に入る方法と、

 

 自分も上級会員になっちゃう

 

という方法です。

 

私も実はJALの上級会員なんですが、JALカードのClub-Aカードを持っています。 このClub-Aカードを見せても、空港が運営するラウンジには入れません。また、上級会員でない場合、サクララウンジにも入れないんです。

 

じゃあ上級会員になるためにはどうすればいいのかということなんですが、私のブログにその方法が書いてありますので、興味がある方はご覧ください。

 

2017年JGC SFCの修行に準備するポイントはコレ!

 

最後に、JALやANAのファーストクラスやビジネスクラスに搭乗をすると、上級会員扱いになりますので、ファーストクラスラウンジに入ることができます。 JALの国内線の場合は、普通席にプラス8000円でファーストクラスに乗ることができますので、サクララウンジのさらに上の、ダイヤモンド、プレミアラウンジに入ることができます。

 

要は、お金のチカラで入っちゃう方法です(笑) それを言うなら、空港が運営するラウンジや航空会社が運営するラウンジにも、お金を払えば入れるんですけどね。
このように、空港ラウンジにゴールドカードやクレジットカードなしで入る方法は、アメックスのクレジットカードを持っている人の同伴者として入る方法や、JALやANAの上級会員の同伴者として入る方法。 上級会員になって航空会社が運営するラウンジに入る方法と、お金を払って入る方法があります。

 

空港が運営するラウンジに入れるゴールドカードの年会費も、最近はずいぶん安くなりましたので、空港ラウンジに入るのにお金を払わなくても、少額の年会費さえ払えば入れますので、作ってみてはいかがでしょうか。

 

【年会費が安い!】MUFGカードゴールドはこちら

プライオリティパス付きのクレジットカードはこれだ

海外の空港のラウンジに入れるのが、プライオリティパス。 プライオリティパスは有料で申し込むんですが、プライオリティパスの料金が無料で申し込めるクレジットカードがあります。

 

その多くのクレジットカードが、プラチナ相当のクレジットカードですが、もっと庶民的にゴールドカードでプライオリティパスが付いているものを紹介します。

 

そもそもプライオリティパスには、3つのステージが存在します。

 

スタンダード会員

 

年会費99$で、利用するたびに料金を支払う。

 

スタンダードプラス会員

 

年会費$249で、年間で10回無料で入ることができる。11回目以降は有料。

 

プレステージ会員

 

年会費$399で、無料で利用することができる。

 

 

スタンダード会員の年会費が無料になるクレジットカード

 

  1. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  2. SuMi TRUST CLUBゴールドカード

 

この2つがスタンダード会員のプライオリティパス付きのクレジットカードです。プライオリティパスの年会費が無料になりますが、利用時に料金がかかります。

 

両方のクレジットカードは、年会費が3万円以上のクレジットカードです。3万円以上の年会費を支払って、スタンダード会員なので、あまりオトク感はないかと思われます。

 

 

プレステージ会員の年会費、海外の空港ラウンジ利用全てが無料のクレジットカード

 

  1. セゾンゴールド・アメリカンエキスプレスカード
  2. 楽天プレミアムカード
  3. JCBゴールドカード

 

この3つのクレジットカードです。それぞれのクレジットカードの年会費は1万円+消費税とまだ手が出せる年会費で、しかもプレステージ会員のプライオリティパスが手に入るのでおすすめです。

 

西友や無印良品の利用が多い方はセゾンカードを、楽天の利用が多い方は楽天プレミアムカードを作られると、海外の空港ラウンジが完全無料でプライオリティパスが手に入ります。

 

海外旅行が好きな方や、海外出張が多い方は作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

セゾンゴールド・アメリカンエキスプレスカードはこちら

 

【プライオリティパス付き】楽天プレミアムカードはこちら

 

ANAアメックスはなぜおすすめなのか

このブログの出張の時に空港ラウンジに入れるおすすめのクレジットカードランキングの第2位は、ANAアメックスカードです。

 

他の空港ラウンジに入れるおすすめのクレジットカードはゴールドカードなんですが、おすすめしているANAアメックスカードは、ゴールドカードではありません。普通のカードです。

 

ANAアメックスカードにもゴールドカードはあるんですが、出張の時には年会費がまだ安い普通カードでも十分です。 なぜ十分なのかというと、

 

空港ラウンジに同伴者1名まで無料で入れる
乗り継ぎ時間など、空港での待ち時間に荷物を預けれる
海外旅行傷害保険最高3000万円まで付帯
海外カードデスクの設置
帰国時、手荷物無料宅配サービス

 

これだけのサービスが充実しているからです。 普通のアメックスカードなのに、かなりの充実っぷりです。

 

出張の時におすすめのクレジットカード第1位のセゾンゴールド・アメックスカードより優れているのは、

 

空港ラウンジに同伴者1名まで無料で入れる

 

ということ。

 

出張の時に、空港ラウンジに入れるクレジットカードを持っていない同僚や後輩と一緒に、空港ラウンジでくつろげます。これ結構いいサービスです。

 

他にも手荷物を空港で預けられたり、海外拠点にカードデスクがあったりするのは、セゾンゴールド・アメックスカードと同じサービスです。

 

セゾンゴールド・アメックスカードと違うのは、傷害保険の金額です。 まぁ3000万円も補償してくれるのでいいかと思いますが。

 

ANAアメックスカードの特徴は、

 

マイルを貯めるサービス

 

が充実しているということ。

 

有料のサービスになりますが、ポイント移行コースを申し込むと、

 

ポイントの有効期限がなくなる

 

ので、ポイントが有効期限切れでなくなることがありません。 ポイントの有効期限がないということは、いつでもポイントをマイルに移行できるということです。

 

またANAアメックスカードは、ANAグループの対象運賃で搭乗した場合、搭乗運賃のマイルの

 

プラス10%

 

もらえるので、マイルが貯まりやすくなります。

 

ただセゾンゴールド・アメックスカードとの違いは、ANAアメックスカードは初年度から年会費がかかるということです。

 

2年目以降は、セゾンゴールド・アメックスカードも年会費がかかるけど、、ANAアメックスカードよりも出張の時のサービスが充実しているので、セゾンゴールド・アメックスカードを第1位にして、どちらかというとANAアメックスカードはマイルを貯めるカードなので、第2位にしたというワケです。

 

このようにANAアメックスカードは、出張の時に空港ラウンジに同伴者1名まで無料で入れて、マイルも貯めたい方におすすめのクレジットカードなんです。